RSS

>> ブログトップへ   >> ブログの一覧へ

<<前へ

シルバーバの無謀な1日(^^;)

投稿日時:2019/09/06(金) 22:39

とうとう9月に突入した1日の日曜日、
いつも私を、駆り立てる妹ではなく、ヤマンバ姉さん、美濃屋美和子が突然変異!

山天気をみると、どこも大気不安定で
雌阿寒岳が晴れで、山天Aでした。
雌阿寒岳に行くと言っても、日帰りではキツイので、妹は信じてない。
私だけが二時に起きて、行く準備OK
2時半過ぎても起きて来ない妹を起こし、
雌阿寒岳を目指し、lets goです。

登山口は8時半出発
天気は予想通り晴れ
いっぱい登ってましたよ。
ちょっと無謀だな思いつつ、4時間半の登山を往復9時間近く掛けて行っちゃった。


阿寒富士が目の前で美人顔!

火口も荒々しい
強風の洗礼を受けながら、何とが頂上

よく頑張りました。(o^^o)

風が強いので七合目まで下りて、
恒例のインスタントラーメンと美味しいコーヒータイム。
半分このために登ってるかも・・・

登ってる最中は余計な事は何も考えず、
ひたすら一歩一歩に集中する。

空っぽになりたかった・・・・

そしたら新しいエネルギーを受け取り
満タンで下りてこれるんです。

これで一週間は持つかな~?( 'ω' )?

帰りはやっぱり 遠かったけどね・・・
(苦笑)





コメント(0)>> 続きを読む

「優しいあの子」を歌う怪しい子

投稿日時:2019/08/24(土) 21:37

今日は休みのヤマンバ姉 美濃屋美和子
昨日から何回 天気予報を見た事か。
大気不安定で何回見ても 天気回復の見込みなし。
昨日は霧雨程度の雨なら、藻岩山にしようと決めていた・・・?(???)?

今朝、ヤマンバ新入りの娘を迎えに行って、
藻岩山にGOのはず・・・Σ(゚д゚lll)
だが、なんと徳舜瞥山に向かってる。
実は藻岩山で決めてから
妹はとても苦い顔。Σ(-?_-??)
苫小牧側は午後から晴れ間もあるといい、
急遽 山変更することに(^^;)

行先を変更した途端にテンション盛り上がりの妹、
朝ドラのなつぞらのテーマ曲
笑顔で何回口ずさんでいたことか

見せてやりたい(笑)

途中 樽前山や風不死岳方面が晴れていて、こりゃ 当たりだと思いきや
徳舜瞥山頂はガスガス!
それでもちゃんと証拠写真

娘も初の1300m?の山に挑戦。(登り口は五合目)

登りは長かったようですが、帰りには山は楽しいと言ってくれました。
頭がいっぱいになる日々から解放されて、
目の前の事しか考えない登山で
日常をリセット出来るようです。

姉妹で親子で登山を楽しめて、とても 嬉しい。

オマケに父が夕食に栗ご飯を作って、母に食べさせて、私達の分も用意してくれてた

なんてエライんだ!

優しい姉より、何故か、父は妹の言う事は良くきくのだった(苦笑)


コメント(0)>> 続きを読む

山の仲間 新メンバー?

投稿日時:2019/08/16(金) 21:49

今回のお盆休みは、ホヤホヤで湯気が立ってる?マーク
美濃屋美和子ヤマンバの娘が登山に参加!

然別の白雲山に登ってきました。?( ? )?

ずっと濃霧状態で、登れないかもしれないけど、登山口まで行ってみることにしました。

奇跡的にガスが上がって来たので、トライすることに・・・♪(?????)♪

どんどん晴れてきて、頂上は然別湖と雲海が見える絶景でした。
オマケにナキウサギが顔を出してくれて、
娘は大喜び (((o(*゚▽゚*)o)))?


あまり人も登ってなかったので、ゆっくり
インスタントラーメンを作って食べて
美味しいコーヒーを落として、たっぷり休憩!
そうこうしているうちに、あらら~ またガスが出始めてきました。
そろそろ下山開始です。

降りたらまた山はすっぽり隠れてしまいました。
超 ラッキーだし、ナッキーに会えたし、?の娘のための神様の粋な計らいかな。

神様 やるね !!(=´∀`)人(´∀`=)

帰りに温泉に入り、濃霧の中、キャンプ場着いて、
登山変態三レンジャーはテラスで焼肉!

外で食べる、ご飯は美味しい~
どんなご馳走より好きです。

次の日は帯広まで行って、先ずは十勝川温泉に浸かり、
お昼はオシャレなイタリアンを食べ
柳月でお土産と工場見学を堪能しました。

帰り道は富良野経由で、狩勝峠を越えると、晴れていて山がとてもキレイ!

また帰りたくない病が出てきて、富良野で
コーヒータイム。

未練たっぷりで帰途に着いたのでした。


非日常はなんて 面白いんだろ・・・
だから山はやめられない 完

追記 忘れてました。
道東ハウス工業(株)は明日から通常営業です。





コメント(0)>> 続きを読む

大切なもの、大切なこと、大切な人

投稿日時:2019/07/23(火) 17:04

土、日、月曜日の3日間、連休を取ってワクワク登山 in 十勝清水!
剣山と然別の白雲山に行く予定でしたが
到着日より、ガスガスで霧雨 (´???ρ???`)
これじゃ、前も見えないよ~

ただ今回から違うのは、始めから登れなかったことを考えて、行くとこを決めてた事

登山するつもりだったので、「遊び小屋コニファーキャンプ場」に着いたのは 、10時!

いつものバンビバ ンガローは自慢の我が家
?(*´?`*)?す

一日目はヒグマの習性を知るため、中札内園地にある山岳センターに、、、

福岡大学のワンダーフォーゲル部の方々が3人もヒグマの犠牲になりました。
入り口にそのクマの剥製があるのですが、大きさは2mもなさげなで 、ヒグマの習性を知っていたら、3日間も追い回される
悲惨な事故を最小にできたかもと思いました。
特にこの辺りの山の深さは、他と違う感じがしました。
色々な山はあるけれど、山の威厳と本当にヒグマの生息地だと実感しました。

恐いくらいの静けさです。:;(∩´?`∩);:
美濃屋美和子 ヤマンバ姉妹は、「およびじゃない!」

小屋に戻り2人焼肉後は十勝川温泉に行き、次の日の天気を期待して早めに就寝!

さて2日目、ガスガスはもっと酷い(ーー;)
朝の連ドラじゃないけど、
「なつよ、青空は どした?」
しかしながら、今日も行くとこは決まってる。

鹿追の「神田日勝 美術館」
美濃屋も妹も美術館に行く高尚な趣味は皆無である。

でもこれはスゴイ!!!
死んでしまった、牛の絵には、共に働いてくれたものへの哀惜と腹を切り裂かれ
命を全うしたものへの「もう頑張らなくで良いんだよ。」という、安堵感が交錯していた。
深い深い究極の愛があった。
馬の絵も沢山あって、共に働く「同士」に感謝の気持が溢れていたし、
苦しい開拓の作業をし、大地に根を張る覚悟のようなものが滲み出ていた。
「神田日勝」の見えない意識みたいなものが充満してたように思う。
感動してまたもや 魂にググッときました。

そして子供の頃に過ごした、帯広を周遊し、郷愁に浸りました。
あっという間に2日目も終わり、
3日目、もうっ 雨降ってるし ?(???)?

帰る準備して、コニファーのオーナーの加藤さんとお別れ写真
自然を愛し、キャンパーさんを愛する
素敵なオーナーです。

同じ中学の先輩後輩だった事もわかり、クラスメートも ここの援助隊員だった。
ミスターコニファーと呼ばれてるらしい(笑)


繋がってる。今回は山に登る事が目的ではなかったようです。

使わなかった、妹がプレジントしてくれた、ネイビーの 自慢のザック

ボーリング大会で参加賞と二位の景品を無理に交換したもらった、欲しかったコット

お気に入りのテラス イスもゲット!

大切なことがいっぱい だったよ。???









コメント(0)>> 続きを読む

風を食べる生命体

投稿日時:2019/07/18(木) 20:17

この間の日曜日に 「芸術の森」でやっている「テオ・ヤンセン」の展示会を見てきました。
何年も前に東京で見たことがあったから
どうしても見たくて・・・・


彼はストランド〔砂浜〕ビースト〔生命体〕と言う名前の風で動く
プラスチックのパイプで作った、生命体を作っているんです。



彼が作るビーストはパイプが原材料ではありますが、
風をあつめ、風を食べ、進化し続けているのです。
進化し 風を食べて溜める 胃にあたるものは、ペットボトルです。






もう ワクワクが止まらない!

心がサワサワしてしまって、前回見たときの懐かしさや不思議な生命体との再会に
泣きそうに なりました。

パーツの滑らかさ、部分ごとの動き、エネルギーの素晴らしさ・・・・
感激してしまいます。

出口の所に 今回は二対の向かいあって頭を振りながら
「求愛」をしているストランドビースト
がありました。
これは正しく、「風の生命体」
(((o(*゚▽゚*)o)))
以前に作った物を遺伝させながら、求愛で終わってる。

新しい生命が生まれる訳だわ。

彼はストランドビーストが完全になると、
家の庭を墓場にしていて、埋めてしまうそうです。

今回は展示会用に再生したものなんですって・・・・
なんだか、生命の循環を見てるきた気分でした。


歳をとると、剥き出しの感性になって、
ダイレクトに伝わってきます。


身体も弱るけど、涙腺なんか特に弱い!
心の琴線に触れますね。
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
でもね、すぐ忘れちゃうのも歳のせいかな~ (・・;)

「風を食べる」生命体みてきて下さい。











コメント(0)>> 続きを読む

«前へ

>> ブログトップへ   >> ブログの一覧へ

BLOG MENU

CATEGORY

BACK NUMBER

  • キャンペーン情報
  • 住宅業界ニュース
  • 新商品紹介